glutenfree style

グルテンフリーをゆる~く続ける、30代妊婦の体質改善ブログ☆ 現在妊娠糖尿病のため、食事療法頑張ってます!

はじめまして^^

f:id:chiquitan:20170705183203j:plain

はじめまして、chiquitanです!

今月から産休に入ったのをきっかけに、グルテンフリーをゆる~く取り入れたライフスタイルについて、ブログを始めてみることにしました。

簡単に自己紹介しますね^^

 

32歳東京都在住

2013年に結婚

食べることが大好き

健康第一

ナチュラル・オーガニックコスメメーカーに勤めてました

ファッション大好き

グルテンフリー生活を2015年12月からスタート!

 

ざっとこんな感じなのですが、

なぜわたしがグルテンフリーを始めたのか。

ちょっと語ってみたいと思います。

 

きっかけは、旦那が始めたことでした。

当時、近所においしいインドカレーやさんがあって、

ナンがこれまたおいしいんです。

もりもり食べた後の午後、旦那がとってもだるそうにしていました。

「眠い・・・」といってせっかくのお休みもスローペースにw

 

うちの旦那はみずがめ座B型のとっても研究熱心な人なのもあり、

なんでだるくなるのか、眠くなるのかを徹底的に調べました。

そこでたどり着いた答えが、

 

"血糖値の急上昇"

 

「そういえば、会社でもランチのあと絶対眠くなって午後集中できないんだよね…。」小麦粉に限らず、お米などの炭水化物全般を食べ過ぎてしまうらしい。

義理の父が糖尿病なのもあり、彼も血糖値があがりやすい体質なのです。

 

いろいろと調べるうちに、「グルテンフリー」というワードを見つけて、

健康オタクの彼は、

「肌もきれいになるらしい」「頭痛も改善されるらしい」

と女子のようにちょっとしたミーハー心から、グルテンフリーを取り入れるようになりました。

 

「ふーん、グルテンフリーねー」と私自身もちょっと気になってはいました。

同じ食卓なんだから、私もとりいれなきゃいけないのか…とか思いつつ。

 

ここからは私の話なのですが、

実は、高校生くらいの時から婦人科系の不調に悩まされていました。

具体的には「生理不順」です。

当時、「生理がこない!これってまさか妊娠?!」と友達と騒いだこともありました(笑)

といっても、生理ってめんどくさいからこないほうが楽だな~なんて思ってました。

 

でも将来子供がほしいし、ちょっと病院でみてもらうか!

と20代半ばをすぎたころに婦人科にいきました。

そこで分かったのが多嚢胞性卵巣症候群PCOS)」でした。

簡単に言うと、卵子が成長せず、排卵しない(しにくい)病気です。

(この病気についてはまたくわしく触れますね)

 

結婚して、子づくりスタートしても、やっぱりうまくいかず…

藁をもつかむ想いで、効果がありそうなことはなんでも取り入れよう!と決めました。

そして体質改善の一環としてグルテンフリーをやってみようと思ったんです。

 

最初に「産休に入った」と言いましたが、約2年間の不妊治療・体質改善を行い、妊娠することができました。今年の9月出産予定です。

今となっては、本気で取り組んで本当に良かったと思っています。

素人ですし、症状にも個人差があるため、絶対改善する!ということは言えないのですが、

同じように悩んでいる方がいたら少しでも前向きに頑張るきっかけになればと思い、このブログを初めてみることにしました。

 

私たち夫婦のグルテンフリーは決してストイックではありません。(笑)

「気楽に」「できるかぎりの」というゆるさを大事にしています。

でも、私たちの人生を変えるきっかけになったと思っています。

あとどのくらい続くかわかりませんが(笑)頑張って記録していきます!

 

どうぞよろしくお願いします^^